読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青と黄色のあいだ

好きなものを好きなだけ

悲しみの葬式

かたくて白い衿や、場にそぐわず変な光沢を持つ黒いネクタイ、そして鼻を近付けると防虫剤の匂いがするスーツに、頬を伝って顎のあたりで悲しみの分だけ大きく育った涙が落ちて染みこむのを見た時、目の奥でぎりぎりとどまっていたわたしの涙が視界までぐわ…