青と黄色のあいだ

好きなものを好きなだけ

無題

電車に乗るとそこにいるほとんどの人が熱心に小さな画面をのぞいていて、電車をおりるときも乗るときも、ずっと終わらない。

一体その中に何があるのか。見つめていないと呪われる病気にでもかかっているのだろうか。とても不思議に思う。

ネットは人の思考力を徐々に奪い、人を呆けさせていく気がして怖い。無数の情報を受け取るだけの人になってはいけないと常々思う。書いてあること全てを少しも疑わず信じていく人生って一体なんなのだろう。泣きたくはならないか。

段々と人間らしさを失っていく。自分はそれに気付かない。そう言ってるわたしも気付いていない。