読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青と黄色のあいだ

好きなものを好きなだけ

ながいねむり

日常

2015年もあと三日。

今まで以上にあっという間に通り過ぎた一年で、元旦に呟いた「今年は悪いことが起きそう」という言葉が現実になった年でもありました。

でもそれは一面だけの悪いことで、他の面はとても充実していました。他の面が充実していたから、その一面だけ悪いことが起こったとも考えられるますが。

同じ大きさの良いことと悪いことがあっても、どうしても悪いことが勝ってしまうのは、それだけ負のエネルギーが強いってことなんですよね。人間が負のエネルギーに対して弱いってことなんですよね。

私はとても自信家で、人は人、自分は自分っていう考えの持ち主でそれでずっと生きてきたけど、もう今後、その考えが通じなくなるから考え直さなくてはいけないんだなって、負の出来事が起こってから思いました。

最低だし最悪だしもう生きていくの嫌だって思ったけど、自分を徹底的に見直すことが出来たこと、全てのことは起こるべくして起こること、だけど防げることもあること、やり直すことも出来ること、強さとか弱さとか、優しさとか思いやりとか、マイナスだけじゃなくてプラスのことにも出会えたことは良かったと感じています。

それで上半期に読んだ本を以前書いていたので、下半期に読んだ本も書いていこうと思います。

エッセイ脳/岸本葉子
学生時代にやらなくてもいい20のこと/朝井リョウ
小説読本/三島由紀夫
アンボス・ムンドス-ふたつの世界/桐野夏生
江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛/福田和也
チーズと塩と豆と/角田光代
20代に読みたい名作/林真理子
捨てる力/羽生善治
持たざる者/金原ひとみ
セカイからもっと近くに/東浩紀
貴様いつまで女子でいるつもりだ問題/ジェーン・スー
きみはいい子/中脇初枝
論理と感性は相反しない/山﨑ナオコーラ
そのノブは心の扉/劇団ひとり
永い言い訳西川美和
ヒトリコ/額賀澪
承認をめぐる病/齋藤環
広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。/本田哲也
淵の王/舞城王太郎
想像ラジオ/いとうせいこう
君の膵臓をたべたい/住野よる
カンバセイション・ピース保坂和志
日曜日たち/吉田修一
探偵伯爵と僕森博嗣
ティファニーで朝食をトルーマン・カポーティ
20代にしておきたい17のこと/本田健
寝ても覚めても本の虫/児玉清
洋子さんの本棚/小川洋子平松洋子
本を読むってけっこういいかも/香山リカ
読書のチカラ/齋藤孝
読む人間/大江健三郎
鴨川ホルモー万城目学
ヘンな論文/サンキュータツオ
ありがとう、さようなら/瀬尾まいこ
ミッキーたくまし/西加奈子
ネオカル日和/辻村深月
去年の冬、きみと別れ/中村文則
カウントダウンノベルズ/豊島ミホ
シズコさん/佐野洋子
漁港の肉子ちゃん/西加奈子
ふたつめのボールのようなことば。/糸井重里
あの家に暮らす四人の女/三浦しをん
匿名者のためのスピカ/島本理生
忘れてきた花束。/糸井重里
琥珀のまたたき/小川洋子
さよならをするために/唯川恵
ビブリア古書堂の事件手帖三上延
愛してるなんていうわけないだろ/角田光代
もうすぐ絶滅するという紙の書物について/ウンベルト・エーコ
夏の裁断/島本理生
幸せは弱さにある/曽野綾子
身体を売ったらサヨウナラ/鈴木涼美
3時のアッコちゃん/柚木麻子
食堂かたつむり/小川糸
彼女のこんだて帖/角田光代
大地のゲーム/綿矢りさ
異性/角田光代穂村弘
「ありがとう」がエンドレス/田口ランディ
凍りのくじら/辻村深月
落下する夕方江國香織
職業としての小説家/村上春樹

 

後半はあきらかに読書量が減っていて、大学最後の年なのにもったいないなあ。
けど面白い本に出会えて良い年でした。来年もまた良い本に出会えますように。