読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青と黄色のあいだ

好きなものを好きなだけ

Twitterってなんだったんだろう

日常

5年ほど使っていたTwitterをやめた。アカウントは多い時で5つくらい持っていたけれど、その時に使っていたアカウントはもう全て存在しない。

思えば、中学生の時から、文章を投稿する何かしらのツールを使い続けている。

中学生の時はリアルタイムと呼ばれるツールと、前略プロフィール

高校生の時はリアルタイムと、mixi、そしてTwitter

大学生の時はTwitterFacebook。そして今ははてなブログ。その全てに私は熱中していた。

楽しくて仕方がなかった時期を越え、私の中でなくてはならないものとして存在していた時期を越え、もう必要がなくなった。

そしてこうしていざ、Twitterをやめてみると、なんだったんだろうと思えてきた。

インターネットの世界で、本当の名前と顔も知らない人たちとの交流。その中で実際に会う人もいれば、会わない人もいて、アカウントを消したら突然に交流は途切れる。

もうこういう現代に慣れているから特別感は一切感じなかったけれど、改めてこうして遠ざかってみると、すごいし、不思議なことだなと思う。

SNSをしていなかったら出会うことのない人たちと、何かのきっかけでこうして出会えていることが、本当にとても不思議です。

若い頃にSNSを経験していない世代からすれば、ネットはネットでしかないかもしれないけれど、現代を生きる若者にとっては、SNSでの出会いも、立派な1つの出会い。

そしてどこぞの誰かが言っていたけれど、人と人の繋がりというのは脆そうに見えて案外しぶとい。

アカウントがなくなった今、交流していた人たちと、もう気軽に交流はできないし、もしその人もアカウントを消してしまったら、もう関わる術が無くなるけれど、一度できた繋がりだから、また何かしらの形で関わることができるんだろうなと思います。

Twitterをやめたごときで何だろうと自分でも思うけれど、思い入れのあるアカウントだっただけに、結構さみしいのです。

今日からはインターネットの人たちではなく、リアルな人たちとの関わりをちゃんと大切に育てていこうと思います。