読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青と黄色のあいだ

好きなものを好きなだけ

人間には二種類いる。幸福を享受できる人間と、そうでない人間と

私は前者の人間だと思ってた。なぜなら不幸なんて大嫌いだからだ。過去の不幸に足を引っ張られながら生き続けるのも、まっぴらごめんだ。

だからずっと、前者側の人間だと思ってた。だけど最近、考えを改めた。私はもしかして後者側の人間なのではないかと。

紛れもない幸せに包まれそうになった時、私はどこか“つまらなさ”を感じていた。

「なんでもない日常が一番だ」と言っておきながら、いざ幸せが両手を広げて私を抱きしめようとすると、そこに綻びや、嘘や、悲しみがないかを探してしまう。

そして幸せという布に、とても小さな穴を見つけるや否や、そこに入らない指を思いっきり突っ込み、穴を広げようと力を込める。誰も無視できないくらいの大きな穴になったところで、私は「ほらね」と満足する。「一点の曇りもない幸せなんて、存在するはずがない」と。

ここで私という人間は、不幸を望むシンデレラシンドロームなのかと疑ってしまうが、冒頭でも言った通り、私は不幸なんて大嫌いだ。

それならなぜ、幸せの中に不幸を作ろうとするのか? それは幸せが崩される瞬間が、ただただ怖いからである。

幸せを幸せと受け止めて、そのあと幸せが不幸に侵されることをあらかじめ考えて、幸せの側に不幸を置いておくこと。それで私はやっと幸せの手を握ることができるのだと思う。

不便な生き方だとは思うけれど、そうでもしないと、幸せと共に生きることが本当にできない。

だから人間には二種類いるのだと思う。幸福をまっすぐ受け止めることのできる人間と、幸福の側に不幸を置かないと受け止められない人間と。