青と黄色のあいだ

好きなものを好きなだけ

「生まれた時からアルデンテ」平野紗季子

平日は毎日、成城石井のカレーライスを食べられるくらい、ネギトロと味噌汁の組み合わせで済ませられるくらい、食にこだわりのない私は、食に関するエッセイを読むのがとても好きだ。

平野紗季子さんは、そんな私と正反対の位置にいる人間だと思う。

そんな彼女の著書、「生まれた時からアルデンテ」を読んだ。

生まれた時からアルデンテ

生まれた時からアルデンテ

 

 本書の内容はこうだ。

戦慄の1991年生まれこと平野紗季子によるファン待望の著書。生まれた時からアルデンテな平成の食文化を綴った新しい時代の味覚エッセイガイド。世界一のレストランからロイヤルホスト観察日記まで、食を楽しむことへの思いを文章と写真と引用につぐ引用で構成した一冊。小学生時代の赤裸々すぎる日記や、食文化カタログなど特別収録多数。

 文章を読んですぐ驚く。彼女の生まれは私と3年ほどしか違わないのに、この食に対する経験値の差。そして食を表現する時の新鮮な言葉選び。

本書の最初に収録されている、小さい頃からつけているという食日記はとにかくすごい。小学生はこんなに食べ物の味を見分ける力を持っているのか。

途中に挟まれている対談で、子どもの味覚は8歳までに決められる(ようなこと)と書いてある文章にあったように、小さな頃からレストランで出てくる食事の豊かさを知っている彼女は、舌に備えられている味覚分析装置が超優秀だ。

どうしてこんなにも、食を愛せるのだろうか。私には分からないけれど、こう考えれば少しは彼女に近付けるような気がする。

多くの本を読んできた中で、少しずつ本への満足度を決める標準値が決められていく。そしてその標準値とは別に、満足、不満足では判断することのできない、特別な判断基準も設けられていく。

本に対して、私はそれを持っている。けれど、幅広い食を楽しんで生きてこなかった私に、食の判断基準は備わっていない。その判断基準が出来るまでの経験をしていないからだ。

食は人間が生きていく上で欠かせないものだからこそ、楽しみたいという気持ちは私にもある。彼女の食に対する真摯な態度を見習って、今からでも舌の経験値を増やして行こうと思う。

そしてそれと同時に、誰かとの食事を楽しむ姿勢も、鍛えられたらいいものだ。